病院託児所

病院内託児所とは?子供は何をしているの?

女性看護師は結婚などで退職し、家庭に入ってしまうと、復職するのにも勇気がいたり、「出産・子供が…」となったりします。
仕事と両立している看護師でも「子供が病気で…」という場合もあります。

業務が多忙とはいえ女性医師や看護職(看護師のこと)は、年を重ねるごとに技術や知識を身に付ける必要があります。
仕事内容も複雑化するため常に勉強しなければいけなく、最新のものを頭や身体に取り入れていかなければなりません。

また退職し、出産・育児をしているナースは復職の際、進化する看護技術に付いて行けるかどうかに悩んだり、子供を預ける場に困ってしまうことも。

病院内託児所を知って、大いに活用しよう

院内託児所とは、女性医師・看護師などの医療機関で働いている女性の子供が通う保育施設のことです。
多くの医療機関が24時間体制で、医療従事者をサポートしています。
院内託児所を利用するのは女性だけではなく、男性職員も子供を預けて働いています。

保育体制が整っていなかった昔は、子供を身内に預けて仕事と両立し、夜勤などの業務を行いながら子育てを行ったものと思います。
院内託児所には、保育士たちがしっかりと預かった子供の安全を確認しながら見てくれています。

今ではしっかりした保育体制が取られ、近接しているので何かあったときはスグに駆けつけることができ、病院にて診察してもらえます。
医療従事者みなさんも充実した保育体制になったことで、安心して子供を預けられるようになりました。

子供を預かる時間帯や料金は病院ごとに違いますので、勤務先に院内託児所を有している病院の場合は病院ホームページにてお確かめください。

適応能力は大人以上!託児所での子供の様子

初めて託児所に預けられる乳幼児は、母元を離れるため泣き出してしまう様子がみられますよね。
泣いて、仕事に行くお母さんを呼び止めたいのです。
親であるナースたちも後ろ髪を引かれる思いだったと思われます。

でも託児所への通所が毎日続くようになると、泣いていたのが嘘のように、すっかり託児所の雰囲気に順応し、そこに通う友達と仲良くなります。子供の適応力は本当に素晴らしいものと感じます。

こうしたことによって子供の順応性や協調性が育っていくように思います。

病後児保育所ってなに?医療従事者以外の保育施設

病後児保育所とは、医療従事者以外でも利用でき、「子供が病気に罹ってしまったけれど、仕事があるから休めない」といった時に利用できる保育施設です。

子供が軽度の病気を発病したときや、快方に向かっている回復期にある小児、病後児保育所にて保育が可能と医師に診断された児を看護師と保育士で面倒看てくれます。

感染症の児については、他の預かっている子供に移ってしまう危険があるため、預かれない場合があるので、希望する病後児保育所にお問い合わせください。

  • 看護師の業務内容 - どんな仕事内容?
  • 看護師の給料と年収 - 看護師の気になる給与

  • 【看護師の概容】看護師の職場・年収、病院以外での仕事を紹介
  • 【看護師の国家資格と受験】看護学校と資格試験の詳細をご紹介
  • 【看護師と関連のある資格】専門分野や動物の看護師・看護助手についてご紹介
  • 【看護師の関連コラム】看護師にまつわる免許・委託所・人出不足・当直業務などをご紹介
関連リンク