病棟看護師

病棟看護師が担っている役割

病院がこれから生活する場となる患者には、生活環境の変化や疾患への不安が生まれます。
患者が抱く不安や疑問を、病棟看護師が医師や他の医療従事者とコンタクトを取り、さまざまな方向から解決していき、患者との信頼関係を築いていきます。

その他に挙げられている役割として、病棟看護師は患者が生活環境の変化に適応でき、安心・快適な入院生活が送れるような環境づくりに努めたり、患者のみでなく、家族の不安や心労などを軽減できるように相談・支援を行うという役割があります。

それぞれの患者に合わせたケアがあります

回復を促進するために、患者のニーズに合わせたもっとも最適とされる治療の補助や看護ケアを行ったり、受け持ちとなった患者の情報収集から事前評価のアセスメント、アセスメントにより明らかになった看護問題、看護問題を踏まえた看護計画の立案、看護計画の実行・評価という、患者の個別性に合わせた一連の看護ケアを提供することも役割に入っています。

病棟ナースの仕事とは?

病棟看護師は、外来などの新規患者や通院患者ではなく、入院患者を中心に医師による治療の補助や看護ケアを行っています。

病棟ナースの一日の仕事の流れ

病棟看護師の一日はカンファレンス(申し送り)を聞くころから始まります。夜勤の看護師から、受け持ち患者の夜間の状態や変化の一つひとつを洩らさず聞き取ります。得た情報から看護ケアの予定を計画します。

カンファレンス終了後には受け持ち患者の病室を回り、血圧・脈拍・体温・呼吸などのバイタルサインを測定しにいきます。
測定したバイタルサインの数字に大きな変動があれば、すぐ医師に報告します。

バイタルサインの測定が終わったら、全身清拭や陰部洗浄、手浴・足浴、環境整備など患者の清潔の保持を行ったり、点滴の準備、手術・検査の準備と手術室・検査室への移送を行います。全てが終わったらやっと病棟ナースのお昼休みです。
看護師自身のお昼休みを取り終えたら、患者へ食後薬を配ったり、ナースコールの対応、手術・検査後の患者のケアなどを行います。

午後からのカンファレンスにて受け持ち患者の状態を夜勤ナースに報告、その都度変化する患者の状態に合わせ、患者にとって一番最良と思われる看護ケアを提供するため、看護計画の評価・見直しをし、その日の業務を終了します。

病棟ナースの作成する資料とは?

看護記録や病棟内の医療従事者へ向けた学習会で使う資料(パワーポイント)、診断書の作成補助、患者のカルテ・診察券などの準備や作成、入退院時の説明用のパンフレットや転倒などの事故防止対策マニュアなどの作成を看護師が行います。

患者の安全を守るための災害時の防災対策マニュアルは各医療従事者が合同で作成を行います。

  • 看護師の業務内容 - どんな仕事内容?
  • 看護師の給料と年収 - 看護師の気になる給与

  • 【看護師の概容】看護師の職場・年収、病院以外での仕事を紹介
  • 【看護師の国家資格と受験】看護学校と資格試験の詳細をご紹介
  • 【看護師と関連のある資格】専門分野や動物の看護師・看護助手についてご紹介
  • 【看護師の関連コラム】看護師にまつわる免許・委託所・人出不足・当直業務などをご紹介