准看護師

准看護師になる!〜受験資格

看護師と准看護師の違いは、まずその資格にあります。
看護師資格は国から認定された資格であり、准看護師資格は都道府県知事から認可された資格ということです。
この資格の違いで医師の指示を仰がなくても業務が行えるか、そうでないかが変わってきます。

看護師は医師に指示を仰がなくても看護行為を行えますが、准看護師は医師・看護師の指示を仰がなくては業務を行えません。

准看護師になるには?

准看護師の資格取得には、中学卒業後または高校卒業後に准看護師養成学校に入学し、それぞれの看護課程を修めることが条件となります。

中学卒業後に養成学校に入学した場合、全日制では3年以上、夜間定時制であれば4年以上の課程を修める必要があります。
3年または4年の看護課程を修了させることによって、准看護師の受験資格を取得できます。
知事試験合格により准看護師の資格取得後、臨床で3年間の実務経験を積むことにより、看護師養成学校に入学できることになります。

高校卒業後に養成学校に入学したならば、2年以上の課程を修了させたことにより准看護師受験資格を取得できます。
知事試験合格後、看護師養成学校の全日制で2年以上、夜間定時制で3年以上の看護課程を修めることにより、看護師の受験資格を取得することが出来ます。

ホントになるの?准看護師制度の廃止

准看護師制度の廃止の噂は本当ですが、廃止になるのは准看護師養成学校ですから、現在准看護師の資格を所持している人や、病院に従事している人の免許が剥奪されるワケではないようです。

しかし前々から推進されているという准看護師制度の廃止ですが、廃止の懸案にストップを掛けているのが日本医師会です。
准看護師の養成学校を運営している大部分は日本医師会で形成されており、都心に大規模な病院を持たず、地方の小規模病院として機能しているため、人件費を安く抑えられる准看護師を起用しているのです。

医師や看護師からの指示さえあれば同じ看護行為を行える准看護師のほうが賃金が安く済み、高い賃金を支払って看護師を雇うよりも病院側としては経済的にもラクなのでしょう。

准看護師制度廃止と看護師不足という問題

数年前から准看護師制度の廃止問題は人材不足のために一年、また一年と延期されてきていました。
しかし、この看護師不足が多大な問題となっているときに准看護師制度が撤廃されたら、更に深刻な人材不足が起こるのではないでしょうか?

准看護師制度の廃止がいつになるものかは分かりませんが、廃止が訪れる日が来ることが多くのサイトで予測されています。
また看護系大学を卒業して看護師免許を取得している人が増えていることで、看護師の質や水準が高いものになってきているため、准看護師の教育課程や臨床実習と比べると看護の質が劣る所もあり、廃止か存続か、意見はそれぞれとなっています。

  • 看護師の業務内容 - どんな仕事内容?
  • 看護師の給料と年収 - 看護師の気になる給与

  • 【看護師の概容】看護師の職場・年収、病院以外での仕事を紹介
  • 【看護師の国家資格と受験】看護学校と資格試験の詳細をご紹介
  • 【看護師と関連のある資格】専門分野や動物の看護師・看護助手についてご紹介
  • 【看護師の関連コラム】看護師にまつわる免許・委託所・人出不足・当直業務などをご紹介