介護福祉施設,看護

施設看護師の役割〜施設の違い

介護老人保健福祉施設と介護老人保健施設の違いをご存知でしたか?

同じ介護施設だから、それほど違いはないと思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし一口に施設といっても人員配置など、施設の機能に違いが出てくるのです。まずは施設看護師の役割をご紹介しましょう。

介護施設での役割と業務

病院などの医療現場で働いている看護スタッフと、介護施設に従事している看護スタッフの役割は、看護師の役割と言う点ではハッキリとしない面もあります。
介護施設では利用者の病気の看護や健康問題の管理、衛生上の管理指導や助言、医療・看護の知識や衛生管理指導などの介護職員等へ向けた施設内研修等を行っています。

介護老人福祉施設では医師の常勤がない為、利用者の健康管理や衛生管理指導なども看護師の責務や役割となってくるのです。
介護老人保健施設では褥創の早期発見に対し、常駐している医師への報告、入居者の健康問題解決への連携を図るのも施設看護師の役割となってきます。

患者の健康管理においては介護士よりも看護師の方が知識も豊富なため、医師と的確な情報交換を行えるものと思います。

介護老人福祉施設

特別養護老人ホームという言葉の方が聞きなれているでしょうか。

介護老人福祉施設は自宅生活が困難な人や要介護認定を受けた人、常に誰かの介護を必要とする人、身体に障害を持っている人などが入所する施設で、在宅復帰が望めない人の受け入れも行っているようです。

通常の生活に欠かせない食事・排泄の援助や世話を行うことを目的とした施設です。
長期の入所が可能で、生涯を施設で過ごす人や最期を迎える人もいるようです。

また老人福祉施設では介護職員は入居者100に対し31人以上、看護師の配置は入居者100人に対して3人以上、24時間制の義務がなく夜勤のない施設も多いのですが、24時間連絡体制をとるという、緊急時において施設からの連絡を受けられるようにしておくという勤務形態がとられているようです。

常勤医は必須ではなく、非常勤医師でも可能となっています。リハビリについては、必要に応じて行っている施設もあるようです。

介護老人保健施設

介護老人保健施設は自宅復帰や自立を目的とした介護施設で、医師が常勤しており、数年前から看護師の24時間勤務を義務付けられ、夜間においても常駐しています。
人員配置において、老健は自立に必要なリハビリを必要としますので、理学療法士や作業療法士の常勤を行っているようです。

介護老人保健施設では入居者100人に対し、介護職員が24人以上、看護師が10人以上と定められています。

  • 看護師の業務内容 - どんな仕事内容?
  • 看護師の給料と年収 - 看護師の気になる給与

  • 【看護師の概容】看護師の職場・年収、病院以外での仕事を紹介
  • 【看護師の国家資格と受験】看護学校と資格試験の詳細をご紹介
  • 【看護師と関連のある資格】専門分野や動物の看護師・看護助手についてご紹介
  • 【看護師の関連コラム】看護師にまつわる免許・委託所・人出不足・当直業務などをご紹介