チーム医療

患者を支えるチーム医療・ブレストケアとは

ガン治療や糖尿病などの代謝性疾患、褥創ケアなどの看護師一人ではケアしきれない病気に対して、その疾患に対するスペシャリストたちが連携し、チームを組んで患者を中心としたケアを行うことをチーム医療といいます。
連携したケアを行うことで患者のQOL(クオリティオブライフ:生活の質)の向上を目指し、専門分野のコメディカルやコデンタル(医療従事者)たちが意見交換を繰り返し、患者に合った治療を行っていきます。

またチーム医療を行う場合には患者との信頼関係構築のためにコミュニケーションがとても大事になってきます。

チーム医療を支えるスタッフ

チーム医療に関わってくれるスタッフたちは、医師・看護師・薬剤師・歯科医師・保健師・作業療法士・視能訓練士、理学療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、管理栄養士、精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉士など、身体面・精神面・栄養面などの各分野のスタッフで構成されます。

ブレストケアとは何か?

ブレストケアのブレストとは乳房のことを意味しています。ブレストケアは乳腺や乳がんのケアのことを指し、乳房の疾患に対するサポートを行います。

女性の罹患率の高い癌疾患は何だと思いますか?

女性で心配されるのは、女性特有の子宮ガンや卵巣ガンです。また大腸ガンなども多く見られましたが、最近の女性の癌疾患上位を占めているのは乳がんなのです。
乳がんは乳腺にできるガンのことで初期症状を現さず、乳房にしこりを作ります。患者は乳がんと診断されてから悪性新生物の摘出手術や、手術で取り除けなかった部位を化学療法や放射線治療で治療することになります。

また治療が行われている間、乳がんだけじゃなく合併症などの身体問題や精神面の様々な問題と向き合っていくことになります。

ブレストケアに関連する医療スタッグ

ブレストケアチームはそんな乳がん患者に対し、他の医療従事者とともに患者のニーズに合わせた質の高い看護・医療を提供することを目指しています。
ブレストケアに携わるスタッフには形成外科医、乳腺外科医、看護師、放射線技師、病理医などの医療従事者が患者のケアに取り組んでくれます。

乳がん治療専門看護師・ブレストナースとは

ブレストナースは乳房の病気を専門にケアする認定看護師のことで、乳腺に関する指導を行ってくれます。

ブレストナースの役割は乳がん検診の啓発活動や、検診受診の促進、患者並び家族への説明の同席とフォロー、治療の副作用に対するケアやメンタル面のケア、家族に対するサポートや相談・援助、乳房の手術(温存治療か全摘出かなど)や、乳房全摘出術を行った場合の人工乳房の相談などです。

  • 看護師の業務内容 - どんな仕事内容?
  • 看護師の給料と年収 - 看護師の気になる給与

  • 【看護師の概容】看護師の職場・年収、病院以外での仕事を紹介
  • 【看護師の国家資格と受験】看護学校と資格試験の詳細をご紹介
  • 【看護師と関連のある資格】専門分野や動物の看護師・看護助手についてご紹介
  • 【看護師の関連コラム】看護師にまつわる免許・委託所・人出不足・当直業務などをご紹介
関連リンク