看護師,業務内容

看護師の業務を知ろう

看護師と聞いて思い浮かぶ仕事といえば、医師の補助や注射、検温、患者のお世話などがあると思います。
看護師一人で病棟全体の患者を看ることはできず、看護師一人に対し、患者5〜8人の受け持ち制となっています。

受け持った患者の疾患や経過などを把握し、異変があれば医師に報告して薬の処方を行ってもらうなど、一人ひとりのニーズに合った看護を実践しています。

カンファレンスから患者の看護

看護師の業務は、朝のカンファレンス(申し送り)から始まります。
このカンファレンスでは、前日の夜勤看護師から夜間の患者の変化などを聞き、情報収集をするとともに引き継ぎます。

その後はバイタルサインを測り、体調に合わせて全身清拭や入浴介助、陰部洗浄などを行いに道具を持ち、訪問して回ります。
検査・手術・リハビリと患者の予定に合わせ、移送や誘導などをこなします。

その他にも自分で食事を摂取できない人の食事介助なども看護師の仕事であり、採血や点滴、ナースコールの対応など看護師の業務は山積みで時間が足りずに押してしまうことだってあります。
なので、その日一日の行動計画を立てながら行わないと仕事が捗(はかど)りません。

診療の補助

外来診療における医師の補助業務や病状の観察・報告、患者の療養上の世話や検温・血圧測定・検体検査の介助などを行います。

バイタルサイン

全身観察を含んだ身体の徴候を測る目的で使用されている言葉です。
生命の徴候という言葉の意味を持ち、看護師が体温・血圧・脈拍・呼吸の4つに意識レベルを加えたものを測定するのに用いられています。

体温

人間は汗をかいたり、熱を放散することで自分の体温を外気の温度と一定になるように調節しています。
体温測定は測定者に合わせて腋(わき)の下や口の中、お尻から測定を行います。

血圧

血圧計により血管に圧を加え、その圧に対して血液が動脈壁に反発する(与える)圧を血圧と呼びます。
また血液の量が多く、動脈壁に与える力が強いほど血圧は高まります。

脈拍

心臓が全身に血液を拍出する拍動(心拍数)が、全身に広がっている末梢の表在動脈で触知されることです。

呼吸

呼吸には、酸素を体内に取り込んで二酸化炭素を吐き出す外呼吸と、摂り入れた酸素を体内で二酸化酸素を交換する内呼吸の2種類あります。
呼吸のリズム、深さなどを観察します。

看護師の勤務形態を知る

病院などの勤務には夜勤が付くのは知られているものと思います。
勤務形態には2種類あり、日勤・準夜勤・深夜勤の3交替制と日勤・夜勤の2交替制です。

3交替制は8時間区切りの勤務となります。2交替制の場合は日勤者が夕方までの勤務を、それから夜勤者が夕方に来ると引継ぎを行い、業務合間に2〜3時間の仮眠を挟み、翌朝の10時頃まで勤務をします。
夜勤の明けた日は帰宅後休みとなるので、体を休められるのはここになると思います。

このように勤務形態に大きく差がありますが、体力的にキツイのは3交替制となり、2交替制の方が仮眠を取れるので、2交替制の勤務形態を好む看護師も多く居るようです。

  • 看護師の業務内容 - どんな仕事内容?
  • 看護師の給料と年収 - 看護師の気になる給与

  • 【看護師の概容】看護師の職場・年収、病院以外での仕事を紹介
  • 【看護師の国家資格と受験】看護学校と資格試験の詳細をご紹介
  • 【看護師と関連のある資格】専門分野や動物の看護師・看護助手についてご紹介
  • 【看護師の関連コラム】看護師にまつわる免許・委託所・人出不足・当直業務などをご紹介